インテリアなんかに手を出すべきではなかったでござるの巻

人気記事ランキング

ホーム > 現金化 > 1銭は買い取り市場でいくらになる?

1銭は買い取り市場でいくらになる?

1銭は、その昔は普通に使われていたお金でしたが、戦後に廃止されました。戦後の日本ではものすごいインフレが発生したので、1銭はほとんど価値のないお金になってしまったからです。

そして、1953年には「銭」という単位そのものが廃止になり、今使われている「円」のみとなりました。一般的には使われていない昔のお金、100円紙幣も、とりあえず円ではあるので現在も実は使うことができます。でも、銭と入っているものは今では銀行に持って行っても交換すらしてはもらえません。

しかし、銭の種類によっては、とんでもない額の現金に代わることがあります。それは、買い取り市場に持って行くことによってできます。銭の中でも、希少性が高くて歴史的にも価値のあるものなら、買い取り市場ではとても需要があるのです。

もしも家の中などで見つけたら、買い取り専門業者にみてもらいましょう。

古銭の買い取り価格

1銭の種類

1銭といっても、いろんな種類があります。

もっとも古いのは竜1銭銅貨で、明治6年~21年頃に発行されたものです。次は明治から大正にかけて発行された稲1銭青銅貨がありますし、大正から昭和にかけては桐1銭青銅貨が発行されています。

昭和には、カラス1銭黄銅貨やカラス1銭アルミ貨、1銭錫貨、1銭陶貨など、実にさまざまなものがあります。

いくらくらいで買い取りしてもらえるのでしょうか。発行年によってもかなり違いがありますし、状態の良し悪しも大きな影響があります。高く買い取りしてもらいやすいのは、 明治6年の竜1銭銅貨、明治35年の稲1銭青銅貨あたりでしょう。これらは発行枚数が少なく希少性が高いです。

 

また、使った形跡がなくて美しさがキープされているほど高い値が付けられます。もしも見つけたら、直射日光が当たらず湿気の少ないところに保存するようにしましょう。コインホルダーなどがあると理想的ですし、なければ木箱に入れておくと安心です。箱に入れた場合には、時々蓋を開けて風通しをよくしておくことも必要です。もしも手に持つ時には側面のみを触り、表裏面には指紋や脂がつかないようにします。

逆に、避けた方が良いのはビニール袋や紙袋に入れておくことです。このようなものには化学物質が含まれているので、長く入れていると染み出てきて硬貨をいためてしまいます。また、洗ったり磨いたりすると歴史的価値が下がるのでやめましょう。

 

 


タグ : ,